■ 八幡浜市MN邸の建て方検査を行いました。

建て方検査は、部材寸法、種類、組み立て接合部、筋交いやパネルの箇所や傾斜など確認します。

傾斜の基準は3/1000(1mに3mm)以下と決めれていますが事務所では1/1000以下としています。

とりわけ検査で大変なのは構造計算で決まった柱の上下の接合の金物の確認です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)